NEWS最新情報はこちらをご覧ください

NEWS

IoTイノベーションチャレンジとは​​​?IoTイノベーションチャレンジとは​​​?

「IoTイノベーションチャレンジ」は、これからの組込みシステム業界を牽引できる「組込みIoT人材」の発掘・育成を目的として、IoTを使ったイノベーティブなビジネスの企画・立案に主眼を置いたコンテストです。

2016年より実施してきた「組込みIoTハッカソン」を刷新したもので、動作を必須としたハッカソンから、よりビジネスのアイデアを評価する内容となり、参加チーム(3〜5名、18歳以上で構成)は提供される教育機会(セミナー、講義、ワークショップ)、9月下旬の課題発表を経てビジネスモデルを考案し、11月の発表に挑みます。

「IoTイノベーションチャレンジ」は、国連が策定したSDGsの課題解決を目指す事業企画書による審査で予選を勝ち抜いた選抜チームが、会期最終日にメインステージにて行われる決勝大会にて競います。 新鋭技術者による斬新で画期的なアイデアにぜひご注目ください。

「IoTイノベーションチャレンジ」は、これからの組込みシステム業界を牽引できる「組込みIoT人材」の発掘・育成を目的として、IoTを使ったイノベーティブなビジネスの企画・立案に主眼を置いたコンテストです。

2016年より実施してきた「組込みIoTハッカソン」を刷新したもので、動作を必須としたハッカソンから、よりビジネスのアイデアを評価する内容となり、参加チーム(3〜5名、18歳以上で構成)は提供される教育機会(セミナー、講義、ワークショップ)、9月下旬の課題発表を経てビジネスモデルを考案し、11月の発表に挑みます。

「IoTイノベーションチャレンジ」は、国連が策定したSDGsの課題解決を目指す事業企画書による審査で予選を勝ち抜いた選抜チームが、会期最終日にメインステージにて行われる決勝大会にて競います。 新鋭技術者による斬新で画期的なアイデアにぜひご注目ください。

2020年の募集要項、2019年の開催報告をまとめた冊子を下記の「開催発表会」についてのページよりダウンロードできます。

2020年の募集要項、2019年の開催報告をまとめた冊子を下記の「開催発表会」についてのページよりダウンロードできます。

開催発表会について

当コンテストではSDGsの17の目標(169のターゲット)の中から課題を抽出し、IoTを活用したソリューションを企画することを課題としています。SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)とは、持続可能な世界の実現を掲げ、2030年を期限として全ての国が取り組む達成目標です。

当コンテストではSDGsの17の目標(169のターゲット)の中から課題を抽出し、IoTを活用したソリューションを企画することを課題としています。SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)とは、持続可能な世界の実現を掲げ、2030年を期限として全ての国が取り組む達成目標です。

講師陣/審査員​​のご紹介講師陣/審査員​​のご紹介

当コンテストの講師陣/審査員​​をご紹介いたします。掲載は五十音順・肩書きは2020年1月現在のものです。

当コンテストの講師陣/審査員​​をご紹介いたします。掲載は五十音順・肩書きは2020年1月現在のものです。

一覧

スポンサー

会場スポンサー

公開プレゼンテーション実施にあたって、FinGATE KAYABA様に会場協力をいただいています。  

プラチナスポンサー

パールスポンサー

エンジェルスポンサー

PAGE TOP