IoTイノベーションチャレンジとは​​​?

「IoTイノベーションチャレンジ」は、これからの業界を牽引できる人材の発掘・育成を目的とした「人材育成コンテスト」です。企業・団体・教育機関から参加チームを募り、3~5名のチームで、今、産業界や社会に解決を求められているSDGsから課題を選び、IoTを活用したソリューションを企画していただきます。
今年で3回目を迎え、ビジネスをデザインする力と物事を俯瞰して捉えるセンスを養う格好の場です。ハッカソン等とは違い、「90日で学ぶコンテスト」として、豊富なセミナーやワークショップの受講・講師陣や審査員へ直接相談できる相談会にて知識や手法を学び、チーム活動でIoTを活用したソリューションの企画を創りあげプレゼンします。

デジタル開催決定!! ~出張・集合が不要になり全国各地からの参加が容易に~
セミナー、チームビルディングワークショップ、相談会、公開プレゼンテーション、決勝大会のすべてをオンラインにて実施いたします。全プログラムをオンラインにて実施するため、参加メンバーは各拠点にて参加・活動できます。詳しくはこちらをご確認ください。

対象

  1. IoTを活用した新事業の創出にチャレンジしたい方
  2. アイディアを事業企画まで育てたい方
  3. ​ビジネスの可視化手法を身に付けたい方

ねらい

  1. ​IoTを使ったビジネスの企画・検討と、それを実現するアーキテクチャの検討
  2. これからの産業界を牽引できる「IoTビジネス人材」の発掘・育成

課題

国連が採択したSDGsの17の目標(169のターゲット)の中から課題を抽出し、IoTを活用したソリューションを企画します。

IoTイノベーションチャレンジは、SDGsを支援しています。​SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)(エス・ディー・ジーズ)は、持続可能な世界の実現を掲げ、2030年を期限として全ての国が取り組む達成目標です。

参考リンク
ロゴ使用のためのガイドライン 国際連合広報センター
国連開発計画​(UNDP) 持続可能な開発目標(SDGs)
外務省 JAPAN SDGs Action Platform
外務省「持続可能な開発のための2030アジェンダ」
PAGE TOP