28チームから書類審査を経て選出された15チームのセミファイナリストが、公開プレゼンテーション審査に臨みました。今年はデジタル開催にともない、全てのチームがオンライン上でプレゼンテーションを行いました。発表者の背景を発表内容に合わせたりと、オンラインならではの工夫がありました。参加者は他チームのプレゼンテーションを視聴し、審査員から直接フィードバックを得ることで、決勝大会に向けた大きなステップアップの機会となりました。

開催概要

名称:IoTイノベーションチャレンジ2020 公開プレゼンテーション審査
日時:2020/11/6(金) 11:00-17:00
形式:オンライン配信
配信会場:FinGATE KAYABA​

ファイナリスト決定!

公開​プレゼンテーション審査にて、決勝大会に進む8チームが選出されました。ファイナリストの皆さま、おめでとうございます。

  • Dense(3k+1)/株式会社シーエーシー
  • 松野谷 石角/株式会社クロスキャット
  • break bad/エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
  • Go To イノベーション/エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
  • パシフィコショット/エプソンアヴァシス株式会社
  • Chelsy/株式会社エクスモーション
  • CimAsoC/株式会社シーエーシー
  • BULL/大旺工業株式会社

タイムテーブル

11:00-11:10 開会
主催挨拶
渡辺博之(一般社団法人 組込みシステム技術協会 理事/ET事業本部長、株式会社エクスモーション代表取締役)

セミファイナリスト15チーム、審査員紹介
11:10-12:20 セミファイナリストによるプレゼンテーション(発表5分、質疑応答5分/1チーム)

  • Dense(3k+1)(株式会社シーエーシー)
  • いのべ部・チームN&T(株式会社エヌアイデイ)
  • 松野谷 石角(株式会社クロスキャット)
  • SolBrains(株式会社ソルクシーズ)
  • けやきひろば(ジスクソフト株式会社)
12:20-13:10 お昼休憩
13:10-14:20 セミファイナリストによるプレゼンテーション(発表5分、質疑応答5分/1チーム)

  • OTTI(エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社)
  • break bad(エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社)
  • Sampo(株式会社ビッツ)
  • HIS.Creators.Co(HISホールディングス株式会社)
  • Go To イノベーション(エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社)
14:20-14:40 休憩
14:40-15:50 セミファイナリストによるプレゼンテーション(発表5分、質疑応答5分/1チーム)

  • パシフィコショット(エプソンアヴァシス株式会社)
  • Chelsy(株式会社エクスモーション)
  • CimAsoC(株式会社シーエーシー)
  • MAHOS(株式会社日新システムズ)
  • BULL(大旺工業株式会社)
15:50-16:40 審査会(別室にて)/スポンサープレテーション、決勝大会の案内
16:40-17:00 決勝進出チームの発表
企画委員長挨拶
白坂成功(慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授 博士)

審査委員長

白坂成功
(慶応義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授 博士)


審査員(五十音順)

有馬 仁志​
​(有馬マネジメントデザイン株式会社 代表取締役社長)

 

小西一有
(合同会社タッチコア 代表/九州工業大学 客員教授/同志社大学大学院 嘱託講師)

 

篠原稔和​
(NPO法人 人間中心設計推進機構 理事長、ソシオメディア株式会社 代表取締役)

 

田丸喜一郎
(独立行政法人情報処理推進機構(IPA)専門委員)

 

中川郁夫
(株式会社 エクスモーション フェロ ー / 大阪大学 招へい准教授)

PAGE TOP